初心者でもすぐ理解できる!アンティークインテリアの豆知識や基本情報をご紹介します!

価値あるアンティークインテリアをショップで見極める方法とは?

現代は空前のレトロブームです。
こうした懐古主義は昔から一定数居ましたが、現代ほど多くはなかったんです。
こうしたレトロブームの延長でアンティークに興味を持つ人も非常に多くなってるんです。
骨とう品店や蚤の市で、価値あるものを素人が見極めて購入するのは非常に難しいと言わざるを得ません。
少しでも価値あるものを見極めるには、年代や時代を良く把握して買い物に出かけると良いのです。
一般的にアンティークは100年を経過しているものを指し、中でも1920年以前のものが装飾技術も美しく希少性が高いとされてるんです。
そこで1920年以前のものに着眼し購入していくと失敗がありません。
さらに木製のアンティークなどの場合には、繊細な技術が施されているかなども見極めのポイントになるんです。
アールヌーボーやゴシック、ビクトリア朝などを感じさせる技巧技術があれば、希少性が高い可能性があります。
だが一番良いのは自分の感性を信じ、気に入ったものを長く愛し身の回りに置いておくことです。

エクレクティックスタイルのインテリアにはアンティーク家具が役立つ

北欧風のデザインをベースにしながら、アジアンテイストの雰囲気も取り入れたい、ナチュラルテイストなデザインであると同時に、レトロな雰囲気も組み合わせたい等、お部屋のインテリアにこのようなエクレクティックスタイルを志向する方もいるはずです。
このようなインテリアで役立つのが、アンティーク家具。
特にレトロや高級感あるいは落ち着きといったコンセプトで、お部屋のインテリアを仕上げたいケースでは、アンティーク家具が大きな力を発揮します。
例えば壁やカーテンがパステルカラーで明るく浮いた雰囲気の中に、重厚感のある無垢材のアンティークテーブルがあると、お部屋全体のデザインに引き締まった雰囲気が生まれます。
またアンティーク家具を取り入れる場合でも、サイズや素材そして柄などに適度にバラバラ感があると、エクレクティックスタイルならではの味わいが生まれるでしょう。
ただしあくまでも家具の周囲にあるインテリアとバランスが大事。
全てバラバラになれば統一感が失われ、落ち着きのないお部屋になってしまいます。

アンティークに関する情報サイト
アンティークインテリアの豆知識

このサイトは初心者でもすぐ理解できる、アンティークインテリアの豆知識や基本情報をご紹介しています。お洒落で魅力ある骨董の家具を手に入れたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。木製の骨董家具の修理やお手入れに役立つ、持っておくと良いアイテムに関しても解説しています。さらに価値ある骨董インテリアをショップで品物を見極める方法にも触れているサイトです。商品選びをする際にはきっと役立つはずです。

Search